手作り結婚指輪のデザイン | 手作り結婚指輪におけるデザイン

手作り結婚指輪のデザイン

手作り結婚指輪のデザインは、非常にたくさんあります。
その中で好きなものを選べますから、自分が好きなデザインの指輪を用意できるでしょう。
具体的にどんなデザインがあるのでしょうか?

手作りの結婚指輪のデザインについて

▼目次

手作り指輪で人気のデザイン

手作り結婚指輪のデザインとしてもよく使われるのは、まず指輪の基本的なデザインです。
まずはストレートというデザインがあります。
こちらはよく見る一般的なデザインで、スタンダードな水平のリングとなるデザインです。
良くも悪くもクセがないのが特徴で、シンプルなデザインになりやすいですが、その代わりにつける場面を選ばず、24時間ずっとつけていることもしやすい指輪になります。
手作り結婚指輪など、完成したあとはずっとつけることも多いですよね。
そのような使用がしやすいですから、よく選ばれているデザインです。

次にウェーブというデザインがあります。
これは波という意味になりますが、その名前の通り、リングが波のように緩やかな曲線を描くのが特徴です。
ストレートは水平のリングになりますが、ウェーブになるとリング自体に変化がつくため、少し個性的でおしゃれな指輪になります。
ちょっとおしゃれな手作り結婚指輪が欲しい方から、このウェーブデザインがよく選ばれていますね。

次にV字というデザインがあります。
これは先のウェーブのように、リング自体が緩やかな曲線を描くデザインになりますが、ウェーブのようにただ波打つような変化ではなく、もう少し規則的な変化となります。
どんな変化かというと、その指輪を水平にして正面から見ると、ちょうど緩やかなV字になるような変化となっているのです。
そのような変化となるため、ウェーブに比べるとリングが穏やかに変化しているように見えることが多いです。
これも少しおしゃれな手作り結婚指輪が欲しい方から、よく選ばれるデザインですね。

次にX字というデザインがあります。
これは2つのリングが絡み合って1つのリングとなるようなデザインで、このリングを水平にして正面から見たとき、2つのリングがちょうどX字に交わるような形となります。
2つのリングはそれぞれストレートデザインとなることが多く、シンプルな2つのリングがクロスするように交わる、オシャレなデザインとなるわけです。
リングを2つ組み合わせて作るようなデザインとなるため、各リングの素材を変え、2色のリングがクロスするという独特のデザインにすることも可能です。
手作り結婚指輪のデザインとして、これが選ばれることもあります。

ご紹介したこのようなデザインは指輪の基本的なデザインとなりますが、手作り結婚指輪のデザインとしても一般的です。
比較的見慣れている形になりますから、この中で気に入るデザインが見つかることも多いでしょう。
手作り結婚指輪のデザインをこれから選ぶとき、まずはこれらをチェックするのもおすすめです。

オリジナルデザインも人気

ただ、手作り結婚指輪に関しては、職人が手作りした完成品のほか、これから作り始めるケースも多いでしょう。
オーダーメイドを利用したり、自分で手作りしたりといった方法もあるため、よくある基本的なデザインをアレンジしたり、オリジナルのデザインを作ったりすることもできます。
基本的なデザインではなく、なるべくオリジナルのデザインを選ぶ場合、どのようなデザインにするか、人の数だけデザインの数もあることになります。
それが指輪として無理のある形状でない限り、手作り結婚指輪ならデザインも自由に決められるため、基本的なデザインとは少し違うユニークなデザインを指定できますよ。

たとえばどんなオリジナルデザインがあるでしょうか?
たとえば、指輪のデザイン自体はストレートを採用しているものの、非常に存在感の強い指輪とするため、指輪の幅や厚みを非常に多く取るデザインです。
一般的なストレートの指輪に比べ、幅や厚みを倍以上にすると、分厚くてゴツい印象が強まります。
デザイン自体はストレートの指輪となりますが、このデザインの一般的な指輪に比べて、非常に個性的な指輪となるでしょう。

ワンポイントをオリジナルにすることも可能

先のアレンジと同じように、指輪自体のデザインは一般的なものを使いつつ、それに特徴的な装飾をつけるというアレンジもあります。
たとえば指輪に自分が好きなモチーフの装飾をつけるという方法です。
植物が好きな方からはよく花やクローバーの装飾が選ばれますが、それを指輪につける宝石のように、リングにあしらうわけです。
これで普通のデザインとはまた違う、個性的な手作り結婚指輪が手に入ります。

このようにオリジナルのデザインまで含めると、手作り結婚指輪のデザインは非常に種類が多く、その指輪を作る人の数だけデザインがあります。
このデザインに正解はありません。
その指輪の持ち主となる本人が満足できるデザインとするといいです。
そのため、基本的なデザインの中から選ぶなら、一番気に入ったものを選ぶといいですし、オリジナルのデザインを作りたいなら、妥協せず自分の趣味を追求するといいでしょう。

新着情報

結婚指輪のデザインと納期について

結婚指輪の完成にかかる期間とは

結婚指輪は購入や製作を終えてからすぐに手に入るとは限りません。

手元に届くまでに少し期間が必要となることも多いです。

その納期は作り方によっても変わり、デザインが豊富な作り方にすると時間がかかりやすくなり、少し限られる作り方にすると即日で手に入ることもあります。

希望する結婚指輪のデザインと納期に応じて、どのような作り方にするかを決めるといいでしょう。

デザインが豊富な作り方では納期1カ月程度が目安

デザインが豊富になる作り方は鋳造法といい、いきなり素材の金属を加工することはありません。

こちらでは指輪の完成形を別の柔らかい素材を使って作り、それを使って型取りをするのです。

それができれば、あとは溶かした金属を流し込んで固めれば大まかな指輪の完成です。

これをきれいに磨き、宝石も留めれば正式な完成となります。

いきなり金属加工をしないおかげで流線型のデザインも可能ですし、複数のリングが絡み合うような複雑なデザインも作れます。

その代わりに即日では作れない場合がほとんどで、納期は最低でも1カ月程度はかかることが多いです。

≫ 『結婚指輪のデザインと納期について』

結婚指輪にトレンドを引き入れる

トレンドファッション!ジャンプスーツが流行ったのは?

シャツとパンツが繋がったジャンプスーツは、街中でよく見かけます。

一流ブランドがジャンプスーツを取り入れたファッションを発表して以来、ファッションアイテムとして急激に広まりました。

海外セレブでもジャンプスーツを愛用しており、トレンド真っ只中です。

ジャンプスーツにまつわる話は、令和の話ではなく40年以上前の話です。

今何かとトレントとして注目されているファッションの大半は、かつてトレンドだったものです。

流行は繰り返すものです。

結婚指輪にあるトレンド

結婚指輪にも、トレンドがあります。

でも長く使うものと考えると、トレンドを取り入れたデザインにするのは気が引けるでしょう。

しかし先程紹介したジャンプスーツ同様、結婚指輪のデザイントレンドも何回か繰り返されてきました。

例えば結婚指輪のトレンドとして挙げられるのが、指輪の内側にメッセージを刻み込むものです。

内側のメッセージに入れるスタイルは、結婚指輪が日本に広がり始めた大正時代に既に行なわれていました。

当時のパンフレットにしっかり記載があるので、間違いありません。

≫ 『結婚指輪にトレンドを引き入れる』

結婚指輪購入口コミ「華やかさがあるので毎日眺めてしまいます」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫:税抜104000円 私:税抜175000

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ダイヤモンドに憧れがあったので、ハーフエタニティタイプのものを希望していました。

たくさん敷き詰められているほうがテンションも上がりますし、ダイヤモンドの輝きをいつでも感じられるからです。

ただ、ダイヤモンドが取れてしまったり、指輪が歪んだりするのも嫌だったので、鍛造リングにしました。

非常に強度が強く、一生ものとして安心だからです。

さらに専門店だったので、アフターメンテナンスがとても良かったのも決め手でした。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「華やかさがあるので毎日眺めてしまいます」』

自分たち限定の結婚指輪を作ろう

自分たちだけの結婚指輪を

せっかく指輪を作るならデザインにこだわりたいこともありますよね。

自分たち限定の世界で一つだけの結婚指輪にしたいなら、どんなデザインにするといいの結婚指輪はいつまでに渡すべきでしょうか?

いくつか方法をご紹介します。

個性的なオリジナルデザインにしてみる

結婚指輪といわれて思い浮かぶデザインがいくつかあると思いますが、それらとはまったく違うオリジナルデザインを作ってみましょう。

指にはめられるならリングの形状を円形にしなくてもOKですし、個性的な装飾をつけてもOK。

リングがきれいにつながっていなくても大丈夫です。

ジュエリーやアクセサリーのモチーフにはあまり使われないものをモチーフにするという方法もあります。

とにかく個性を重視するなら自由に発想を広げ、このようなオリジナルデザインにしてみるといいでしょう。

≫ 『自分たち限定の結婚指輪を作ろう』

結婚指輪購入口コミ「妥協せずにしっかり探すと良い」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

5

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

お互い12万円くらいだったと思います。

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

4℃のブランドが好きで、結婚前からよくそこのブランドでアクセサリーを購入していて、ちょうど最寄りの駅に4℃のブライダル店があったのでそこで婚約指輪を購入した流れで結構指輪も4℃のものにしました。

デザインはすっきりとしたプラチナに斜めに入るダイヤのデザインが素敵で、いくつか見ましたがそのデザインに決めました。

主人の方のペアリングもダイヤはないバージョンのすっきりしたデザインで、それを彼が気に入ったのも決め手になりました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「妥協せずにしっかり探すと良い」』